マタニティ歯科|衣摺加美北駅の歯科医院|平野きりん歯科

〒547-0001 大阪府大阪市平野区加美北8-23-36
準備中

マタニティ歯科

Maternity

マタニティ歯科|衣摺加美北駅の歯科医院|平野きりん歯科

Maternity

マタニティ歯科

赤ちゃんの歯科治療はおなかの中にいる時からはじまります。

赤ちゃんの乳歯の形成は胎生期7週目から始まるため、産まれてくる赤ちゃんのお口の健康のためにも口腔管理が大切です。
おおむね3歳まで感染が防げれば、将来むし歯になりにくくなります。

  • 妊娠中にお口のケアをしたい
  • 妊娠の影響で歯周病が気になる
  • おなかの赤ちゃんと母体の歯の健康の関係が知りたい

妊娠は人生の中で大きな出来事です。
おなかが大きくなるだけではなく、目に見えない部分も大きく変化しますが、その影響で口腔内環境が悪化しやすくなります。
つわりがあると決まった時間に⾷事をすることが難しくなりますし、歯を磨くこともままなりません。
免疫力自体も落ちてしまい、お口の病気にかかりやすくなることも。
妊婦さんがむし歯菌を持っていると⾚ちゃんに母子感染してしまったり、その他さまざまなリスクが高まったりします。
大切な⾚ちゃんを守るためにも、妊娠したら必ず検診を受け、安定期に入ったら治療やクリーニングをしっかり行いましょう。

当院では妊婦さんでも安心して治療できるように広々とした個室診療室もございます。
妊婦さんのお口に関するさまざまなお悩みに対応させていただきますので、小さなことでもお気軽にご相談ください。